肌の水分量を上げるためには、洗顔後の化粧水でのケアが大切…

40代の女性

手のひらやコットンに化粧水をとり顔全体に染み込ませるようにつけるのがコツ…

年齢とともに肌の状態は変化していきますが、40代に入ると徐々に肌のうるおい・ハリ・ツヤが失われていきます。

これには、女性ホルモンの働きが大きく関わっています。

女性ホルモンには、肌のうるおいを守り、真皮のコラーゲンを増やす働きや皮脂の分泌を促進する効果があります。

しかし、40代に入り更年期が近づくと、これらが減少してしまうのです。

若さを保ち、美しい肌をキープするにはどうしたら良いのでしょうか。


うるおいやハリを取り戻すのに一番大切なことは、十分な保湿です。

普段使っている基礎化粧品でも対策はできるので、あきらめずにケアしていきましょう。

肌の水分量を上げるためには、洗顔後の化粧水でのケアが大切です。

使用する化粧水は、高級化粧品ブランドのものでなくてもかまいません。

ドラッグストアなどで売っている容量の多いものを惜しみなく使ってください。

セラミド成分が配合された化粧水などは、保湿効果が高く肌のバリア機能の回復が期待できます。


洗顔後は、肌の乾燥が始まる前に素早く化粧水をつける必要があります。

その際、力強くたたいたり、強くすりこむような付け方はしないでください。

皮膚に刺激が与えられ、肌へのダメージとなるおそれがあります。

なるべく肌の負担にならないように、無理な力を加えず優しく化粧水をなじませてください。

手のひらやコットンに化粧水をとり顔全体に染み込ませるようにつけるのがコツです。

これを数回繰り返して水分を浸透させてください。


化粧水をつけた後は、美容液を使いますが、この時家庭用の美顔器を使用するとでさらに浸透効果のアップが期待できます。

分子が大きく、なかなか浸透しづらい美容成分も、美顔器の細かな振動によって、手で美容液をつけるよりも肌に染み込みやすくなるのです。

特に乾燥のひどい日は、普段の基礎化粧品にプラスして、美容液を含んだ保湿効果のあるシートマスクを使うことをおすすめします。


または、コットンパックなども水分量の補給に効果があります。

パックをする時は、長時間放置してしまうと余計に乾燥してしまうので、ニキビなどのトラブルを招く可能性もあります。

使用時間に注意してケアするようにしましょう。


メイクで使う化粧品も、保湿効果の高い化粧下地やファンデーションを利用するなどして肌を乾燥から守ることが大切です。

40代の肌に合った対策や化粧品の使用で、みずみずしいハリのある肌を目指していきましょう。



化粧品人気ランキング@40代へおすすめ

40代のおすすめ化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方々のクチコミ、レビュー、体験談、モニター調査、売れ筋、リピート率…などのデータで独自に調査した結果を、ランキングでご紹介します。

詳しくは、コチラ↓

化粧品人気ランキング@40代へおすすめ